スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意義 

意義


[EOS40D 30mm F1.4 DS/HSM *F1.4/ISO1600]


すっごい、超久々。
本当は、年内もう更新やめようかー、ッテ思ってた。


年末の引っ越しも控えておるワケだし
アタシ、割とblog更新はそれなりの熱が入らないと書けないので
やめとこうかー

ッテ、感じだったんで。

ほんと、こうどうしよう?
と、思っていたのですけれど。


flickrでもtwitterでも、デスが。


目出度く、の四十路。(苦


人生の折り返し。



写真って、自分の歩いてきた道ですから。
眺めてるとほんっとよく、キモチが出てしまうんだな、これがまた。



昼間、ココロにぐさっと感じるモノがあり
思わず、泣いた。


あの時に感じていた温度と事実を知らされてから
眺めてみた写真の温度はきっと程度の差、こそあれ。

若干、感じ取り方が違うように思う。

本当は、そんな風に思うこと自体、違うのかも知れないのですけれど。


ココロの切り替えが必要で
言い表すコトのできぬ、深き悲しみみたいなモノを
みんな背負ったりして、日々過ごすのか、
と思うと
やはり、とめどなく涙が出てしまう。


だから、悔いなく。

精一杯な生き方をされている方を拝見して
感じないはずは、なく。

事実を残してゆくコトの素晴しさを学んだ次第です。


かつて、アタシは学生時代に
「死生学」に深き感心を持ち
生きるとは。
死にゆくコトとは。



みたいなトコロを掘り下げて考えていたモノですが

答えがね。


非常に難しい。



きっと、自分の息が絶える時にはじめて
見えてくるモノなのかも知れないですね。


自分がそこに在った。


存在していたんだよ、という
確固たる証拠が欲しいんですよ。


アタシもそうだなー


、と。深い理解を覚える。


だから、写真してるのよ。アタシ、きっと。



自分の眼で撮って、自分で確認したいんだよ。
きっと、そう^^





*************************************


ずっと、ずっと
書こうと思い
書けずじまいでおりました。

来年のお年賀は、我が家出せないと思っております。

ご了承、下さい。
(代りに落ち着きましたら、転居届けを送付したいと思っております。



かしこ



スポンサーサイト

[2010/12/05 23:21] キモチ。 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。